エゾウコギが精力剤に使われる理由 摂取量の目安と副作用について

エゾウコギが精力剤に使われる理由 摂取量の目安と副作用

 

 

「シベリア人参」の名前もあるエゾウコギは、古くから用いられてきた薬用植物です。

 

 

今では、配合されたサプリメントやドリンク、またお茶などで市販されています。

 

 

精力剤の材料として採用されることもあるので、気になっている男性もいるかもしれません。

 

 

ここでは、エゾウコギの効果と精力剤に使われる理由、摂取量の目安、副作用などについて解説しています。

 

 

 

 

エゾウコギは漢方の材料として有名

 

日本では北海道東部の摩周湖や阿寒湖の周辺に自生するウコギ科の植物・エゾウコギ。

 

 

もともとは厳寒の地シベリア原産のハーブであり、その薬効が早くから用いられてきたのが、日本のお隣の中国です。

 

 

中国では刺五加(しごか)という漢方薬として紀元前から用いられてきました。

 

 

その後もエゾウコギの薬効の研究は世界中ですすめられ、たとえばロシアではオリンピック選手の身体能力向上に利用した事例もあるほどです。

 

 

 

エゾウコギの効果・効能

 

エゾウコギは植物由来の成分ですから、その効果は強烈なものではありません。

 

 

それでも各種の有用な配糖体を含むことから、人体に幅広い好影響を与えてくれます。

 

 

トリテルペノイド系配糖体

免疫力の向上 / 殺菌・抗炎症作用

 

クマリン配糖体

血中コレステロールの調整 / 自律神経のバランス調整

 

シリンジン

抗疲労作用 / 興奮作用

 

フラボノイド

抗酸化作用 / 心臓の冠状動脈拡張作用

 

 

これらの有効成分の働きや相互作用によって、代謝促進や滋養強壮、食欲増進、抗ストレス、精神安定、集中力や免疫力の向上などもあるとされています。

 

 

さらには、男性の性機能の回復や強化にも効果があるといわれています。

 

 

エゾウコギが精力剤の1成分として採用されるのには、こういった総合的な効果・効能を見込んでのことだといえるでしょう。

 

 

 

エゾウコギの摂取量の目安

 

エゾウコギの摂取量の目安は1日3グラム程度です。

 

 

配合量が3gを超えるサプリメントやドリンクはあまりなく、過剰摂取の心配は少ないと言えます。

 

 

 

エゾウコギの副作用

 

健康食品として常用されることが多いことからも、副作用は少ないとされています。

 

 

人参(朝鮮人参・高麗人参・アメリカ人参など)は強い効力を持つ傾向があり、その分、人によって合う合わないがあります。

 

 

その中でもエゾウコギは作用が強すぎないため、ほとんどの人に問題なく使用できるのが利点です。

 

 

ただし、女性ホルモンに似た働きをするため、子宮筋腫うあ子宮内膜症、卵巣嚢腫、乳がんなど婦人科系の疾患を持つ人は控えたほうがいいでしょう。

 

 

副作用としては乳腺痛や憂うつ、いらつき、眠気、不安などが確認されています。

 

 

エゾウコギを含む精力剤サプリメント

 

ヴィトックスα

 

バリテイン

 

 

人気の関連記事

 

人気の勃起回復サプリから厳選!本当に効く精力剤ランキング

 

 

人気・実力NO.1の精力剤レッドドラゴンを徹底解説!

 

 

コンプレックスを自信に変える!ペニス増大サプリランキング

 

 

クラチャイダムサプリランキング!もうマカはいらない

 

 

 

 

本当に効く精力剤を厳選して紹介!

人気&実力ナンバーワンの精力剤!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 勃起回復サプリランキング 増大サプリランキング クラチャイダムサプリランキング