勃起反応の改善方法は神経と血流を正常化するのが正解

勃起反応の改善方法は神経と血流を正常化するのが正解

 

 

ペニスの勃起反応が鈍ってきたかも・・・

 

 

どんな男性でも、年齢が進むにつれて下半身の元気がなくなってきていることが気になるものです。

 

 

性的な刺激にしっかりと素早く反応して、猛々しく勃起するかどうか?

 

 

それが持続するかどうか?

 

 

などの項目は、男性機能の衰えが表れやすいバロメーターとなります。

 

 

若い頃のように、すぐにビンビンにならないし、勃ってからも長くもたない・・・

 

 

というときに、気にしたいのが神経血流です。

 

勃起不全回復サプリメントおすすめランキング

 

 

 

血流が阻害されると勃起障害が起きやすい

 

器質性(体に原因がある)の勃起障害の主な原因は、血管と神経にあるとされています。

 

 

血液の流れが悪くなれば、そのぶん陰茎と精巣(睾丸)に血が行き渡りにくくなり、栄養素や酸素が届きにくくなります。

 

 

それだけ下半身周りの健康状態に良くないということ。

 

 

そして勃起 = ペニス海綿体の充血ですから、血管が物理的メカニズムとして重要なのはわかります。

 

 

動脈硬化や高脂血症などで血管が詰まると、血流が阻害されることで勃起障害が起こりやすくなるのです。

 

 

男性用サプリにシトルリン配合の製品が多いのはそのためでもあります。

 

 

シトルリンは血流促進効果の高いアミノ酸で、体内でアルギニンに変換される際には勃起を促す一酸化窒素(NO)を産出します。

 

 

一酸化窒素はあくまでも副産物として発生するわけですが、

 

 

シトルリンは男性の性機能にとって欠かすべからざる有効成分のひとつなのですね。

 

 

さて血流がスムーズなことが重要なのはわかりました。

 

 

では神経が勃起不全に関わるというのはどんな関係なのでしょう?

 

 

 

性機能の複雑なメカニズム

 

勃起している状態は、性的刺激に対して脳が興奮している状態ともいえます。

 

 

しかし矛盾するようですが、本当は脳がリラックスしていないと勃起はしにくいのです。

 

 

交感神経よりも副交感神経が有利な “興奮がおさえられた状態” のほうが勃ちやすいのですね。

 

 

さらにややこしいことに、男性器が勃起する目的「射精」するには、交感神経優位な興奮状態になければいけません。

 

 

人間のカラダの仕組みというのは、勃起〜射精の流れだけをみても非常に入り組んでいます。

 

 

いろいろな条件が脳と身体を合致させないと、生殖機能の目的達成もかなわないということなのです。

 

 

つまり性的に健康な男性というのは、この複雑な関係を自然にコントロールできていることになります。

 

 

 

EDの要因となる病気

 

EDの要因になりやすい病気に糖尿病があります。

 

 

糖尿病がなぜ勃起不全が起きるリスクを高めるかというと、陰茎組織にダメージを与え、神経障害を引き起こすからです。

 

 

勃起は脳の指令を発端に起こる反応です。

 

 

糖尿病が悪化すると、司令塔である脳と勃起中枢、陰茎までのあいだの神経に信号が送られにくくなってしまいます。

 

 

そうなると、たとえ脳が性的な刺激を受けてエッチな興奮状態になっても、ペニスにまではそれが届かない・・・というEDの症状が引き起こされてしまうのですね。

 

 

その上、高血糖状態は勃起しやすくさせる神経伝達物質・一酸化窒素の産生も阻害してしまいます。

 

 

またそれ以外のペニスに血液を集まりにくくする各種の化学物質も生み出すことから、糖尿病は勃起悪化の第一要因とされているのです。

 

 

糖尿病予防に有効なサプリメント

 

「血糖値を下げる」という目的で飲むならイチオシのサプリがあります。

 

↓  ↓  ↓

 


 

 

糖の悩みに安心な「植物性インスリン」を含有しているのが最大の特徴です。

 

 

食生活の改善だけでは十分に糖尿病予防できていないな・・・・と感じているなら、試してみる価値はあるはずですよ。

 

グラシトールの詳細はこちら

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 勃起回復 クラチャイダム ED治療薬