勃起不全が治れば前立腺がんのリスクが低くなる

勃起不全が治れば前立腺がんのリスクが低くなる

 

 

勃起力は男性の精力値だけでなく、健康値のバロメーターともいえるものです。

 

 

栄養不足や不健康からくる精力減退に悩まされていれば、勃起する力も持続力も衰えてしまいます。

 

 

そして、勃起が良好でセックスがうまくいっていると、そのことが病気の予防にもつながるという医療研究データもあるほどなのですね。

 

 

たとえば前立腺がんがそれです。

 

 

日本人の死亡原因第一位といえばガンですが、近年、男性に目立ってきているのが前立腺がんです。

 

 

前立腺がんが原因の死亡者数は増え続けていて、2009年にはついに年間1万人を超えてしまいました。

 

 

これは、肺がん・胃がん・大腸がん・肝臓がんに続く、第5位の数字です。

 

 

パートナーとの性生活が順調ならこの発症リスクを減らすことができる。

 

 

これは人生においても重要なことではないでしょうか?

 

性的刺激にピクリとも反応しないEDは重度の可能性が高い

 

 

 

セックスレスやオナ禁は器官を弱めてしまう

 

厳密に言えば、性行為によって正常な射精ができていると前立腺がんに侵される危険性が低くなります。

 

 

ですから、しっかりと精液を発射できていれば手段はセックスでもマスターベーションでもいいのです。

 

 

膀胱の真下にある前立腺は射精するときに収縮を繰り返すことになります。

 

 

この運動が起こることで、周辺の血流が促進されます。

 

 

逆にセックスレスやオナ禁で長期間射精しないでいると、血行が悪くなって前立腺が炎症を起こしてしまうこともあるのです。

 

 

これが前立腺肥大や前立腺がんのきっかけになってしまうのですね。

 

 

人間の器官も機械と似たところがあって、長いあいだ使わないと機能が弱くなったり、不具合が出ることがあるということです。

 

 

生殖機能は性行為をして、射精するためのもの。

 

 

使い続けることで良い状態を保てるということになります。

 

 

 

勃起不全(ED)は血管の衰えの初期症状

 

オーストラリア「ビクトリア州がん協会」の研究結果では、被験者のうち、日常的に射精回数が多い男性ほど前立腺がんになりにくいことが明らかになっています。

 

 

1週間に5回以上射精していた人は、そうでない人に比較して、前立腺がんを発症する確率が3分の1にまで減っていたとのこと。

 

 

これは、年代別の20代男性のデータで、若年層の方が特に予防効果が高いとも言えます。

 

 

ただ、傾向としては見過ごせない結果ですし、中年以降の男性でも射精の効用はあるでしょう。

 

 

当サイトでも何度か書いているように、勃起不全(ED)は「血管が衰えてなる病気のひとつ」

 

脳卒中と心筋梗塞を患った人は全員EDだという事実

 

 

血流機能を衰えさせないためのSEXは、男性機能と健康な身体を保持するためのメリットが大きなものです。

 

 

人気の関連記事

 

人気の勃起回復サプリから厳選!本当に効く精力剤ランキング

 

 

人気・実力NO.1の精力剤レッドドラゴンを徹底解説!

 

 

コンプレックスを自信に変える!ペニス増大サプリランキング

 

 

クラチャイダムサプリランキング!もうマカはいらない

 

 

 

 

本当に効く精力剤を厳選して紹介!

人気&実力ナンバーワンの精力剤!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 勃起回復サプリランキング 増大サプリランキング クラチャイダムサプリランキング