勃起不全と加齢臭は同じ原因から起こっている?

勃起不全と加齢臭は同じ原因から起こっている

 

男性機能の低下が気になりだす年頃に、同じように気にかかるのが「加齢臭」の問題です。

 

 

この中高年特有の体臭(年齢臭)は “オヤジ臭さ” の代名詞ともなっていますが、その発生原因が実はEDと同じ酸化ストレスにあるというのはご存知でしょうか?

 

 

人体には、皮膚をうるおすための皮脂を分泌する皮脂腺があります。

 

 

加齢によって酸化ストレスが高まると、体内の活性酸素が多くなり、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加します。

 

 

同時に過酸化脂質という物質も増え始め、この2つの物質が結びついて分解・酸化されて、ノネナールという物質が生まれます。

 

 

このノネナールこそが、加齢臭を発生する元凶です。

 

 

【2017年最新版】勃起力改善サプリランキングを今すぐチェック!

 

 

 

 

加齢臭対策は食事から

 

自分の体からオヤジ臭さやジイさん臭さが放たれるようになって、よろこぶ人は少ないはず。

 

 

周囲から「臭いオジサン」のレッテルを張られるのも、できることなら回避したいところです。

 

 

加齢臭対策をするなら、ノネナールが発生しにくくなるような体の内側からの対策が有効です。

 

 

パルミトオレイン酸の原料となるのは、肉類・マヨネーズ・バターなどの脂質を多く含む食材です。

 

 

脂質の摂取は極力抑えて、活性酸素を減らす食べ物を摂るようにしましょう。

 

 

野菜や果物から摂れるビタミンCやビタミンEが効果的です。

 

 

さらに、酸化ストレスでダメージを受けた細胞を再生する抗酸化物質を多くとるようにすることも大切。

 

 

抗酸化物質を豊富に含む食材としては以下の通りです。
ゴマ : セサミン
大豆 : イソフラボン
緑茶 : カテキン
赤ワイン : ポリフェノール

 

 

なたまめ黒石鹸

 

 

 

加齢臭を感じたらEDも疑ってみる

 

酸化ストレスと勃起不全(ED)の関係性については以下の記事で触れています。

 

>>勃起不全を引き起こす2種類のストレスとは?

 

 

「酸化」、つまり錆びることは、そのまま体が老化していくことを意味しています。

 

 

男性の体が錆びつくと、男性機能が低下して勃起がままならなくなり、その先に待っているのは生活習慣病です。

 

 

加齢臭もEDも原因は共通のもの、酸化ストレスの増加です。

 

 

ですから、40、50代になって「自分の体から、なんだか今までと違うニオイがしだしたな」と感じたら、EDである可能性も疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

 

人気の関連記事

 

人気の勃起回復サプリから厳選!本当に効く精力剤ランキング

 

 

人気・実力NO.1の精力剤レッドドラゴンを徹底解説!

 

 

コンプレックスを自信に変える!ペニス増大サプリランキング

 

 

クラチャイダムサプリランキング!もうマカはいらない

 

 

 

 

本当に効く精力剤を厳選して紹介!

人気&実力ナンバーワンの精力剤!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 勃起回復サプリランキング 増大サプリランキング クラチャイダムサプリランキング