自転車をこぐと精力がアップするんです!【テストステロンの増加がカギ】

自転車をこぐと精力がアップするんです!【テストステロンの増加がカギ】

 

 

近年、自転車通勤や趣味としてのサイクリングの流行から、「自転車をこぐこと」のメリットが注目されています。

 

 

自転車は移動手段にもなるため、運動不足気味の大人でも継続しやすく、体力の向上が期待できる運動です。

 

 

しかし、30代以上の男性にとっては体力だけでなく精力の衰えも気になるところです。

 

 

一般的に男性の精力は加齢とともに衰えていきます。

 

 

特に30代以上の男性は性行為がうまくいかない、若いころのような元気がないと嘆いている方も多いと思います。

 

 

「自転車をこぐこと」が体力だけでなく精力アップにもつながるとしたら一石二鳥ですよね。

 

 

 

自転車に乗れば、精力アップに効果大!

 

結論から言うと、自転車に乗るというのは、精力アップに非常に効果的な運動です。

 

 

それは自転車をこぐという行為が、「テストステロン」という男性ホルモンを増加させるのに有効な特徴を持っているからです。

 

 

 

テストステロンの増加がカギ

 

加齢とともに男性の精力が衰えるのは、テストステロンという男性ホルモンの減少が原因です。

 

 

テストステロンは、筋肉の増大・精液の生成などに関わるホルモンであり、その分泌量には個人差がありますが、生活習慣や食習慣の改善で増やすことができます。

 

 

中でも、自転車をこぐという運動は、とても効果的なのです。

 

 

その理由は大きく分けて2つあります

 

下半身の筋肉量増加

1つ目は下半身の筋肉量が増えるという点です。

 

 

筋肉量の増加は、テストステロンの分泌量を高めます。

 

 

筋肉の大きさは種類(部位)によって異なるため、効率的に筋肉量を増やすためには、より体積の大きな部位を刺激することが重要です。

 

 

人間の体の中で体積が大きい筋肉トップ3は、大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)・下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)・大臀筋(お尻の筋肉)です。

 

 

自転車をこぐことで、これらの筋肉全てが刺激され、筋肉の発達が促進されることになります。

 

 

体脂肪の減少

2つ目に、自転車をこぐという運動は有酸素運動なので、体脂肪率の低下が期待できるという点です。

 

 

体脂肪の増加は、テストステロンの分泌量を低下させる原因の一つです。

 

 

メタボ、肥満の男性は、一般的にテストステロン量が低いことがわかっています。

 

 

そのため、体脂肪を燃焼させることもテストステロンの分泌量を増やす要因の一つなのです。

 

 

 

自転車は男の自信を取り戻すための大きな助けになる

 

 

以上の特徴から「自転車をこぐこと」は精力アップにつながるといえます。

 

 

サイクリングを趣味にしたり、自転車で通勤するなど自転車をこぐという行為を日常に取り入れるのが良いですね。

 

 

若いころの精力を取り戻すことで、張りのある毎日を送りましょう。

 

 

人気の関連記事

 

人気の勃起回復サプリから厳選!本当に効く精力剤ランキング

 

 

人気・実力NO.1の精力剤レッドドラゴンを徹底解説!

 

 

コンプレックスを自信に変える!ペニス増大サプリランキング

 

 

クラチャイダムサプリランキング!もうマカはいらない

 

 

 

 

本当に効く精力剤を厳選して紹介!

人気&実力ナンバーワンの精力剤!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 勃起回復サプリランキング 増大サプリランキング クラチャイダムサプリランキング